結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
喜多方ラーメン 高蔵 半田店
246- 011-1

246- 014-1
醤油チャーシュー麺 800円

前にいつ来たか記憶にないぐらい久しぶりの訪問です。半田の高蔵さんにおじゃましました。
この辺りでは珍しい喜多方ラーメンの専門店で、ファミレス並の大きなキャパがあります。
喜多方の看板はありますが、メニューは醤油・味噌・塩からとんこつ?味に、
辛い「雷ラーメン」つけ麺の「ざるラーメン」から「ジャージャー麺」までと豊富です。
「この時間の青菜」という表示があり、曜日や時間帯で青菜が変わるシステムも特徴ですね。
やっぱり喜多方といえば醤油味ですので、自慢らしきチャーシュー麺でいただきました。

鶏ガラベース醤油味のスープは、ごくシンプルな昔ながらの醤油味ですね。
昔親父に連れてってもらったラーメン屋さんを思い出しました。
昔よく食べたあのラーメンは、麺も平打ちだったし今思えば喜多方チックだったのかな。
醤油ダレもそれほど強くなくて、油と調味料的なもので旨味をプラスしているイメージです。

喜多方といえば、麺はもちろん平打ちの縮れ麺です。福島から取り寄せてる麺のようです。
この麺好きだなぁ。平打ちなのでスープの絡みはバッチリで、プリプリした食感があります。
だからといって主張が強いわけではなくて、あっさり系のスープにうまく馴染んでる麺ですね。
チャーシューは計5枚のボリュームは食べ応えありますね。
クルクル機械の中で回っている自慢の炙りチャーシューは、炙りというほどの強い風味はなく、
思ったよりもシンプルなチャーシューでした。これも懐かしさを助長してくれるアイテムですね。
しっとり感は程々ですがそれを気にするより、厚みとボリュームと柔らかさが何より嬉しいです。
「今日の青菜」は水菜で、軽く火が通ってるのが面白い所ですね。ハリハリ感はありました。

細かいことは気にせず、自分自身がノスタルジックに浸れるラーメンでした。
一刻魁堂さんと向かい通しの立地で客足は彼方に分があるようですが、私はこちらを選ぶかな。
食後の舌に残る調味料感含めて嫌いじゃないなぁ…懐かしさを感じる好きな味でした。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

246- 009-1
喜多方ラーメン 高蔵 半田店
愛知県半田市青山4-1-1
11:00~翌2:00
無休
TEL:0569-26-5070
公式サイト http://www.takakura.gr.jp/

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[半田市
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/445-7335c4f3
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。