結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
中華そば 政次郎(豊橋市)2
252- 019-1

252- 022-1
塩らーめん 750円

まるぎん本舗さんからの続きです。せっかく豊橋まで来たからにはもう1軒!
なかなか来たくても来れなかった、政次郎さんに久しぶりにおじゃましました。
政次郎さんと言えば、ずっと食べたいと思ってる土日限定の「鶏の塩らーめん」があるんですが、
今回の訪問は平日でしたので、順番的にこちら「塩らーめん」をいただきました。

いきなり感想でスミマセンが、いやぁ…やっぱり美味いですよ!
必要最小限の塩ダレと少量のゴマをまとった節の香りいっぱいのスープは、
丸鶏の丸いコクと本枯節の深いキレを含んだ旨味が、
一口…二口…とレンゲを進めるごとに、しみじみじわじわと染み渡っていく感覚を受けます。
とにかく旨味の伝わりかたが柔らかくて、包み込むように丸いんですよね。
旨味がフワッと口の中に広がって、ゆっくり時間を掛けて抜けていくイメージです。
極上の出汁を楽しんでほしいという店主の心意気が見える、余分な味の一切無いスープですね。

そのスープに合わせる麺は中細麺で、手もみで緩いウェーブが掛けられています。
麺を持ち上げるごとに、スープの香りと旨味を十分に引き上げてくれますね。
余分な味がしないのは具材も全て一緒です。チャーシューは注文を受けてからの手切りです。
このチャーシューの味も、ほぼ素材の旨味そのものですね。
余分な味が本当になく、口の中で溶けてしまうような感覚の柔らかさです。
淡麗スープはそのその繊細さ故に、具材の味が移る懸念もあるんですが、
上質な肉質の成せる業でしょうか。このチャーシューはむしろ移っても良いと思いましたね。
豚肉ってこんなに美味しいんだって再認識できる、希少なチャーシューだと思います。
他、玉子・メンマ等も存在感を示しつつも、メインの邪魔をしないさりげない脇役ぶりでした。

淡く麗らかなラーメン、これぞ淡麗系ですね。
淡麗たるスープというのは、こういうもんなんだよと改めて再認識させてくれるお店です。
少なくともこのジャンルにおいては、愛知最高峰のラーメン店は間違いない事実だと思います。
淡麗系もある意味食べ手を選ぶラーメンだと思いますので、合わなければ仕方ないんですが、
ギリギリのタレ感がフィットすれば、その余韻は忘れられないものになるはずです。
極上の出汁を是非!美味しかったです!ごちそうさまでした。

252- 024-1
中華そば 政次郎
愛知県豊橋市つつじが丘1-9-17
11:00~14:00 18:00~21:30(スープ切れ終了)
月曜定休(第3月曜・火曜は連休)
TEL:080-3063-4062

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[政次郎
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/452-7673a9bf
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。