結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
まるぎん商店(岡崎市)18
261- 039-1

261- 045-1
MJ 880円(夜限定メニュー12/15~)

まるぎんスタイルの「MJ」が、Newバージョンとして再度限定登場したので、
味噌のサプライヤーであるいまだいさんOi!ラーメンさん達とおじゃまして参りました。
先日行われたイベント「東海ラーメン祭」「岡崎食育メッセ」で振舞われた「MJ」の
(MJ=味噌二郎、三河二郎、無添加醸造(の味噌)などの複数の意味を持っています)
まるぎんさんバージョンということになりますね。

夏の「MJ-まるぎんstyle-」は、海老油とスクランブルエッグを使った変化球スタイルでしたが、
今回はイベントメニューに倣った、醤油味→味噌味に肉を通じて変化するタイプになりました。
夏の「MJ」でいくと、「一輝style」をまるぎんさん風にアレンジしたという形になります。
ベースとなるスープは、まるぎんさん自慢の豚骨スープを使用した豚骨醤油味です。
醤油ダレもしっかり効いていて、味噌を溶かさなくても十分に濃い目の豚骨醤油を味わえますね。

一輝バージョンや、イベントバージョンでは味噌漬け肉を焼いたものが載りましたが、
こちらは味噌角煮とでも言うのかな。しっかりと中まで味の染みた味噌味の角煮が載っています。
またこの肉の量が半端ないですね!デカい肉塊が3つも載るボリュームは圧巻です!
かなりの厚みにもかかわらず肉の芯まで味噌が浸透していて、噛めばホロホロと崩れる柔らかさ!
どう作ったらこんなに柔らかくも形を残して、奥まで染みた角煮ができるのかなぁ。スゴイです。

で、この味噌角煮の食べ方如何で味が変わるというシステムになっていまして、
綺麗に肉の表面の味噌を溶かして、しっかりスープに味を移して食べるのもよし、
あまり移さずに味噌のストレートな味わいを感じながら、肉を頬張るもよしですね。
好みの食べ方で、これでもかというボリュームの味噌角煮を食べられる楽しさがありました。

麺はまるぎん本舗さんで初お目見えとなった特注麺「フォルテシモ」が採用されました。
この麺はラーメン系でも合いますね!カチっとした食感にツルっとした喉越しが楽しめます。
「二郎」のJの字が付くように野菜の盛りも嬉しい所ですね。甘いキャベツが沢山載ってましたよ。

別添の刻みニンニクとおろし生姜をチョチョっと加えて、最後までガッツリといただきました。
生姜は夏の「MJ」ではばーばらが採用した食材ですね。この意外な相性には当時驚きましたが、
その辺をさりげなくインスパイアされている辺り、「チームMJ」としての絆を感じましたね。
味的には肉の味噌をしっかり溶かしても、そんなに味噌味噌するわけではないので、
コテコテの味噌ラーメンが得意じゃない方でも、楽しめるラーメンとなっていると思います。

それにしても「今井醸造」さんの味噌が、ラーメン屋さんの手に掛かると、
特徴である優しい風味の味噌に、力強さが加わるんですよね。それが本当に面白いです。
一輝さんでもラーメン祭バージョンの「MJ」再開されてるので、機会があれば頂きたいですね。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

204- 012-1
まるぎん商店
愛知県岡崎市寿町13-20
11:30~14:00 18:00~22:00
水曜定休
TEL:0564-25-8578
まるぎんグループ公式HP http://www.marugin.org/
まるぎんグループのブログ http://ameblo.jp/marugin8/

【お知らせ】
本日12/17(土)9:25~放送のCBCテレビ「花咲かタイムズ」に「まるぎん二号」が紹介されます。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[まるぎん商店
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/468-9a9c0424
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。