結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺の樹 ぼだい(西尾市)8
261- 033-1

261- 030-1
柚子香ル中華そば 780円(昼夜各10杯限定)

先日より始まったあっさり系の限定をいただきに、西尾のぼだいさんにおじゃましました。
夏に「marudoriの冷やし」という、スッキリとした飲み口の冷やしラーメンをいただいた時に、
清湯スープでも技術の高さに驚いたんですよね。
なのでいずれは必ず、あっさり系の中華そばを提供してくれると思ってました。
そういう意味では必然的な満を持しての登場ですね。
ぼだい初の清湯系は、少しひねって柚子フレーバーで来ましたね。「柚子香ル中華そば」です。

ビジュアル的にはシンプルだけど賑やかな中華そばです。
いただく前から柚子の香りがフワっと嗅覚を刺激してくれます。
鶏ベースの清湯スープからは、あっさりした飲み口からも動物系の深いコクが感じられます。
味覚から感じる柚子の風味は、後半にかけて徐々に盛り上がってくる印象ですね。
決して柚子の印象が強い訳ではなく、かといって弱くもなく、利かせ方のバランスが良いですね。

合わせる麺は、「和風豚骨」で使われてる麺と同じ中細麺とのことですが、
スープが変われば印象も変わるものですね。しっかりとした食感の中にもしなやかさがあります。
チャーシューも豚肉本来の旨味が強く、その旨味が徐々にスープにも影響を与えていて、
最後まで置いておけば、柚子の風味とチャーシューの旨味が溶け出した変化を楽しめますね。
玉子もトロトロ、水菜もシャキシャキ、メンマもコリコリ、視覚にも美しいですよね。

私の中で柚子ラーメンのイメージとして、東京恵比寿の有名店「AFURI(阿夫利)」さんがあります。
今回の「柚子香ル中華そば」は、ビジュアル的にもAFURIさんに似ている部分があるので、
勝手な憶測ですが、どこかで影響を受けている部分もあるのかなとも思ったりして(^^;)
十分美味しかったんですが、もうひとつムチャ振りをさせてもらえるならば、
この「柚子香ル中華そば」の塩バージョンも食べてみたいかなぁ。
牧原さんが上品な淡麗系も作れるのはよく分かりましたので、敢えて違う期待させてもらいます。
それぐらいぼだいさんには、三河のラーメンの流れをひっくり返す位の期待をマジでしてます!
まぁそれは余談ですけどね(^^;)美味しかったですよ!ごちそうさまでした。

242- 001-1
麺の樹 ぼだい
愛知県西尾市徳次町下十五夜28-1
11:00~14:00 18:00~22:00
月曜定休
TEL:0563-65-6845
※「柚子香ル中華そば」は限定メニューです。(昼夜各10杯限定)

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[ぼだい
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/469-dcbcf762
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。