結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
たまゆら 東浦店
260- 017-1

260- 018-1
味噌カレー麺 スクランブルエッグ添え 950円

東浦イオン近くに昨年末オープンした、玉響さんの3号店におじゃましました。
目立った看板等ないのでちょっとわかりにくいかもしれませんが、
イオンから見ると西側で、武豊線の高架沿いになります。
それにしてもこの店の作りには圧倒されますね!既存の玉響さんの更に上を行く作りですよ。
デザイナー住宅のような外観に一枚板のテーブル、腰をすっぽり包み込む藤の椅子、
観葉植物や飾られた味のあるドンブリ、和箪笥などのオブジェ等々…。
まるで異空間に迷いこんだかのようで、オール電化の設備さえオシャレに見えてしまいます。
麺メニューは大きく3つで、おなじみの「竹燻製麺」「醤油甘露麺」に、
こちらオリジナルの「味噌カレー拉麺」になります。既存店に比べるとメニューは少なめですね。
サイドメニューは「大根餃子」「焼き小龍包」などの代表的なものはありましたが、
「いなり」や「むすび菜(めはり寿司)」などはありませんでした。
いただいたのはその「味噌カレー拉麺」のスクランブルエッグが添えられたバージョンです。

スープはややトロミ掛かっていて、カレーらしいスパイシーなスープですね。
生クリームが表面に散らしてあって、乳製品のコクとマイルドさがプラスされています。
味噌は想像よりしっかり感じますね。風味はやっぱりカレーなんですが、
後味に豆味噌由来の酸味っぽいものを感じます。それが「和のカレー」の雰囲気を出してました。
味噌とカレーの相性は以前から注目されてますけど、ここでも見事にマッチしていましたね。

合わさる麺は林製麺さんの中太麺です。プリッとした食感で持ち上げも良く、
カレースープによく合っていると思います。噛み応えがあるのもカレーには良いですね。
具材もバラエティに富んでいて華やかですね。個性的なドンブリの中に彩りを添えてくれます。
玉響さんのチャーシューと言えば竹燻製ですよね。強い香りはカレーにも負けないですね。
メンマもシャクシャクで、カレーでも違和感なく良いアクセントです。
追加したスクランブルエッグは、カレーによりまろやかな口当たりを与えてくれましたね。
もう1種類のタマゴ、ゆで卵は固茹ででした。カレーには固茹でが合いますよね。

厳かな雰囲気さえ感じる純和風の刈谷や高浜とは異なり、雰囲気も若干カジュアルな和モダンで、
店主さんも大将と呼ぶよりは、優しそうなマスターと奥様という感じで、
気さくに会話を楽しめるような家庭的な雰囲気もある、今までにないタイプのNEW玉響さんでした。
ジャスミン茶なんかも出していただきましたし、またゆっくりおじゃましたいですね。
開店おめでとうございます。お店の末長い発展を願っております。ごちそうさまでした。

260- 011-1 260- 012-1
たまゆら 東浦店
愛知県知多郡東浦町大字緒川字東栄町80-1
11:00~14:00
水曜定休
TEL:非公開

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[東浦町
comment
なつめさんへ
あけましておめでとうございますですね。
いつもありがとうございます。今年もよろしくお願いしますね。

なつめさんも東浦のたまゆらさん行かれましたか!^^
ホントにオシャレですよね~。刈谷や高浜もお洒落ですが、
こんなに凝った造りのラーメン屋さんは、他にはないですよね。

看板ネコちゃんですか?見なかったなぁ。
どこかお散歩でも行っちゃってたんでしょうか。
今度おじゃまする時は、ネコちゃんも探してみますね。
2012/01/11 22:28 | | edit posted by くまお
あけましておめでとうございます
今年もクマさんのブログ楽しみにしてます

こちらのお店、行きましたよ~(^^)
すっごいお洒落としか言いようがない建物ですよね
裏から見ても「たまゆら」さんってわかるようなたたずまい。
内装も始終きょろきょろして見てしまうほどでしたね

看板犬ならぬ看板ネコちゃんは見ましたか?
大人しい黒ネコちゃんが外でかわいらしく座ってました
2012/01/11 09:42 | | edit posted by なつめ
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/481-cc36b5fb
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。