結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺やOK(安城市)5
266- 045-1

266- 043-1
MJ Newバージョン 750円

昨年夏に大好評だった「MJ」が装いを変えて、合同コラボ企画としての再登場です。
OKさんでもNew-MJが始まったとの事で、いまだいさんDAKAさんとおじゃましました。

ここで「MJ」をもう一度おさらいしておくと、

↓1.「MJ」とは、元々岡崎市にある“美容室MJ”とラーメン店とのコラボ企画で、
↓とある店主の薦めから「MJ=無添加醸造」の今井醸造の味噌を使って、
↓「MJ=味噌二郎」を作ろうという流れになり、昨夏6店舗(最終)の合同企画として限定展開。

↓2.昨年11月ポートメッセ名古屋で開催された「東海ラーメン祭り」にて、
↓「MJ一輝Style」をベースとした味変スタイルの「MJ」を引っさげて、チームMJとして参戦。

↓3.三河の新B級グルメとして、さらに参加店舗も増え継続的展開へ。

…という流れで、今回の「MJ」はイタリアンも含む現在7店舗での展開継続中です。
今回の「MJ」では、「1.地元三河産の味噌を使うこと」 「2.味の変化が楽しめる」の
2つがメインテーマだそうで、そのテーマのもと各自指向を凝らしたメニュー展開となっています。

話をOKさんのMJに戻します。
OKさんの「初代MJ」は、唯一企画終了後も先日までロングラン提供されていたようですが、
今回の合同展開に合わせて、味変化スタイルの「New-MJ」としてモデルチェンジされました。

ベースのスープは、OKさんで以前より提供されていた二郎系「HEY二郎」と同じそうで、
醤油味も強く、ニンニクも混じればいかにも二郎系らしいハッキリした味わいです。
こちらのスープに、ドンブリの淵に塗られている味噌を混ぜながらいただくことで、
徐々に味噌味のスープに変化していく過程を楽しむことが出来ます。
味噌は軽くバーナーで炙られていて、ほんのり芳ばしい香りもありますね。
多少伸ばしてはあるものの、混ぜる味噌からはダイレクトに今井醸造の豆みその風味を感じます。

麺は小さい丼に収まりきらないぐらいの極太サイズで、味の強いスープとの相性は勿論抜群です。
野菜も含めて全体的にやや柔らかめかな。キャベツの甘さも手伝って食べやすい印象ですね。
豚肉のスライスも余計な味が付いていなくて、スープの味をしっかり拾ってくれるお肉です。
キャベツもお肉も炙りが移っていて、こちらからも芳ばしさを感じられました。

今井醸造の豆みそをシンプルに使用していて、さらに醤油→味噌の味の変化も楽しめる、
流石味噌ラーメンに定評のあるOKさん、今回のMJのテーマとして上手にまとまっていました。
ただ今回のテーマだと、OKさんの武器である中華鍋がフル活用出来ないのが少しだけ残念かな。
まぁでも、今回のMJは「楽しむラーメン」!十分楽しめましたね。ごちそうさまでした。

PICT0005-47.jpg
麺やOK
愛知県安城市明治本町15-4
11:30~14:00 18:00~23:30
月曜定休
TEL:0566-72-3630

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[麺やOK
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/485-d26c7a75
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。