結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 さくら(半田市)13
268- 017-1

268- 020-1
鴨南蛮つけそば 980円(冬季限定2月末まで)

冬季限定のこちらをいただきに、半田のさくらさんにおじゃましました。
ここ数ヶ月は月限定をスルーしてしまってたので、少し間が空いてしまいましたね。
今回も1月限定の海老ワンタン麺に後ろ髪を引かれたんですが、こちらの誘惑に勝てずでした。
そのまんま、つけ麺屋さんの鴨南蛮ということですね。「鴨南蛮つけそば」いただきました。

つけ汁というか、まさに鴨南蛮の“つゆ”と言っても過言ではないですね!
昆布をベースとした和だしに、鴨の旨味と焼きネギの香りが加わったおつゆは、
まさに鴨南蛮の“それ”です。それも上質なお蕎麦屋さんがイメージできる旨味の濃さですね。
味醂の効いたほんのり甘めの醤油味に、鴨と焼きネギのエキスがしっかり溶け込んだおつゆは、
日本人の琴線に触れる香りと味ですよね。しみじみと美味しいですね。

合わせる麺は勿論そばではなく、さくらさん特製の手打ち細中華麺です。
中華麺らしくプチッとした弾力を伴って切れる麺です。
日本そばをイメージしたということですが、麺肌の滑らかさなど蕎麦っぽさも持ちつつ、
食感の弾力性など蕎麦とは違う食感を持って、「鴨南蛮そば」との差異を明らかにされています。

使われてる鴨は、フランス産マグレドカナール(胸肉)を使用されています。
綺麗なロゼ色に焼き上げられた鴨は、ここの低温調理チャーシューにも通じるような、
しっとりとした食感で、そこから溢れ出る旨味が抜群に美味しいですね。
焼きネギも美味しいなぁ。表面は香ばしくシャリッと、中は甘くトロッと両面から楽しますよ。
別添の柚子は大将のお勧めで、途中でそのままつけ汁に投入しました。
温度が高いので柚子の香りが非常によく移って、またスッキリとした味わいでいただけました。

268- 021-1

シメはランチタイムはご飯が付くので、スープを温め直していただいて、
ランチサービス料金のみで、タマゴ抜きの雑炊としていただきました。
全然そのままでも重たくはないんですが、鴨の油があるので再度柚子を落として、
コクもありサッパリと最後の一滴まで美味しく頂戴致しました。やはり鴨に柑橘系は合いますね。
鴨の余韻が強いので、しばらくは幸せな気分でしたね。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

225- 001-1
麺屋 さくら
愛知県半田市出口町1-45-16
11:30~14:00 18:00~21:00
火曜・第1.第3.第5水曜休み
TEL:0569-23-4741

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[さくら
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/491-7caeee57
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。