結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
梦麺88 MU-MEN PA-PA-(名古屋市中区)
269- 011-1

269- 013-1
まぜつけ麺(並) 850円

昨年夏OPENでしたが今回初訪問です。大須の梦麺88(ムーメンパーパー)さんにおじゃましました。
洒落の効いた店名ですが、ちなみに梦麺の“梦”とは中国語で“夢”という意味だそうです。
お店の一押しはこの“まぜつけ麺”でしたので、そちらをいただきました。

書きどころ満載の特徴の強いつけ麺ですね。
いわゆる濃厚豚骨魚介のつけ汁なんですが、独特の魚介感がありますね。魚介強いです。
お店のこだわりに様々な魚介乾物が含んでいることが謳ってありますが、かなり複雑な風味ですね。
ムロ鯵・宗田鰹・アゴ等は序の口で、おそらく効いてるのは、イカ・ホタテ・牡蠣…その辺です。
熱々の石鍋に煮出されて、味覚と風味の両面から複雑な魚介感を醸し出していました。

麺もかなりのこだわりがあるようですね。いわゆる全粒粉ブレンド中太麺なんですが、
小麦を精製した時出る表皮“ふすま(ブラン)”を焙煎したものが練りこんであります。
さらにその焙煎ふすま(小麦ブラン)が麺にふりかけてあり、混ぜ合わせながらいただくことで、
通常の麺にはない芳ばしい香りが楽しめる仕様となっていました。
麺そのものは中太の多加水で、もっちりとした食感で食べやすい印象ですね。
具材はチャーシュー、メンマにほうれん草などもつけ汁の中に入っていました。
チャーシューは香ばしくも、つけ汁にほぐれていくほどの柔らかさでしたね。

随所にこだわりが垣間見えるつけ麺で、オリジナリティもあって面白いつけ麺でした。
魚粉も大量に入る上に焙煎ふすまが絡んで、つけ汁は結構なザラザラ感がありますので
気になる方はのど越しの点で気になるかもしれませんが、その分独特のコクがありますので、
今風のつけ麺が好きだけど、ちょっと飽きてきたかなという方にオススメ出来ますね。
今回食べなかったんですが、おこげのサービスというのもあるので気になる方はどうぞお試しを。
ラーメン系が良いという情報もいただいてるので、また機会を見てそちらも試したいと思います。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

269- 008-1
梦麺88 MU-MEN PA-PA- (ムーメンパーパー)
愛知県名古屋市中区大須2-17-17
11:00~22:00(L.O. 21:30)
無休
TEL:052-229-0246
公式サイト http://www.mu-men.jp/

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市中区
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/500-cd1701da
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。