結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
灯台軒らーめん(半田市)
277- 015-1

277- 010-1
梅じそらーめん 700円 (ランチタイム:チャーハンセット+150円)

ちょっと風邪気味なので、あまり刺激のあるものは食べたくないなぁと思い、
ふと思いついたのがこちらのお店のこのラーメンでした。ブログ初紹介ですね。
ひそかなラーメン激戦区、半田市青山の灯台軒さんにおじゃましました。
学生時代よくお世話になった、美浜町の灯台ラーメンさんの姉妹店になります。
美浜の灯台さん同様こちらもキャパは十分、メニューも豊富と家族連れに優しいお店です。
お目当ての一品は、不動の一番人気メニュー「梅じそらーめん」です。

透き通ったスープは、今風の洗練された塩ラーメンのようなじんわりした旨味の伝わりではなく、
熱々の温度と共に、比較的ストレートに伝わってくるタイプのスープですね。
魚介出汁も使われてると思いますが、組み立てはあくまで動物出汁中心の印象です。
油も少なく、あっさりすっきりとした飲み口ですが、味はしっかりとしたスープです。

277- 016-1

出汁の印象以上に奥行きのある旨味を感じるのは、おそらくこの岩塩が効いているようです。
こちらの岩塩はボリビア産のローズソルトというもので、この塩が塩ダレとして使われています。
お店の玄関に展示してあるのも面白い所ですね。そういう見せ方もアリですよね。

麺は太くもなく細くもなくの麺で、ややウェーブが掛かっている麺です。
あっさりスープにしては、比較的スープの味が強いので、これ位の太さはよく合ってますね。
やや柔らかめの麺が、妙にこの塩スープにマッチしていました。
「梅じそらーめん」の主役とも言うべき梅干は、一級品の南高梅を使用されています。
肉厚な実を一口かじれば、その実の上質さは分かります。
ほのかな甘みと、心地良い爽やかな酸味で、口の中は包まれますよ。
梅干と塩スープとの相性も勿論◎で、大葉と共にその都度口腔内をリフレッシュしてくれます。
チャーシューも自慢とのことですが、それだけのことはありますね。美味しいチャーシューです。
ロールタイプのチャーシューは、箸を入れればホロホロ崩れる柔らかさでした。
中華そばで、チャーシューメンにして食べたいと思えるチャーシューでしたね。

277- 002-1

セットチャーハンも、プラス150円なら文句の付けようがないです。
量もしっかりあるし、具材のラーメンとは違うタイプのチャーシューもしっかり入っています。
月~土15:00までなら天津飯も+150円、200円出せば中華飯・麻婆飯も食べれます。お得ですね!

正直イメージをかなり超えてました。一番人気も納得ですね。
とにかくこちらのお店メニューが豊富で、ラーメンだけでも看板の灯台ラーメンから、
昔ながらの中華そば、とんこつ、みそとんこつ、辛みそ、担々麺、清湯ベースの味噌野菜、
つけめんにバリそばと、まだその上に季節のメニューとご飯ものがあります。通えますよ(笑)
美味しかったです。ごちそうさまでした。

277- 001-1
灯台軒らーめん
愛知県半田市有楽町6-163-1
11:00~23:00
火曜定休
TEL:0569-26-5315
灯台グループ公式HP http://www.toudai-group.jp/
※分煙化はされてますが、カウンターはランチタイムも喫煙OKですので気になる方はご注意を。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[半田市
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/517-238e3ae4
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。