結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
【Curry】RESTAURANT&CAFE 東洋軒 ジャズドリーム長島店(三重県桑名市)
280- 030-1

280- 032-1

280- 034-1
ブラックカレー単品 1050円

国内最大級のアウトレットモール“ジャズドリーム長島”に、先月支店がOPENしたこちらのお店に、
ショッピングの合間に寄らせていただきました。三重県津市が本店の老舗洋食店東洋軒さんです。
元々三重を代表する洋食の有名店ですが、最近メディアでの露出も多く、
先日はPSで中尾彬氏が推薦してたこともあり、俄然注目度が増してるお店ですね。
その中尾彬氏も絶賛する、東洋軒さんの代名詞「ブラックカレー」を今回初めていただきました。

こちらのブラックカレーは、完成するまで実に1ヶ月以上の時間を掛けて作られています。
黒い色は別に黒い混ぜ物を入れてる訳ではなく、松阪牛の背脂、小麦粉、スパイス等を
3週間以上煮込み続けることで生まれる「黒さ」ということのようです。
その味わいは説明が難しく、かなり深い味わいですね。
大きく括れば欧風カレーなんですが、非常にまろやかでとろみがあって甘みがあります。
甘みはタマネギやフルーティな甘みもありますが、この松阪牛の牛脂から出ているであろう
動物性の甘みというか旨味が、強く全体のカレーのコクに繋がってる印象です。
また甘みの中から辛さもじんわり来るんですよね。辛さにも品の良さを感じます。
これだけまろやかでありながらも、後味が意外とスパイシーなのも面白い特徴のひとつですね。

思わず一口一口頷きながら食べてしまうほど、あまり経験の無いお味のカレーでした。
このレシピが80数年前に完成されていたというのが驚きです。
「東の魯山人、西の半泥子」と呼ばれたかつての美食家、川喜田半泥子氏の提案によって
こちらのブラックカレーを開発されたのが、昭和初期のお話です。
80年以上の長い月日を重ねてきた歴史の重みを、是非漆黒のカレールーから感じてください。
クラシカルなロマンから溢れ出る、カレーの奥深さを改めて感じられるはずです。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

津の本店もいつか行きます!

280- 037-1
RESTAURANT&CAFE 東洋軒 ジャズドリーム長島店
三重県桑名市長島町浦安368
三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 サウスエリア2F
(レストラン)11:00~21:00(L.O.20:30)
(テイクアウト)[月~金]11:00~20:30 [土・日・祝日]10:00~20:30
無休(施設に準ず)
TEL:0594-45-2883
公式HP http://www.touyouken.co.jp/j_top.html


東洋軒 ジャズドリーム長島店洋食 / 桑名市その他)

夜総合点★★★★ 4.0


関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:1   trackback:0
[カレー・インド料理
comment
食べたけどますかったww
カレー単品だけ頼む人いないし1000円じゃ食べられない
カレーに2000円も出せないし・・
アルバイト?の人に聞いたら「レトルトのアルミ袋から出すだけですよ ここで作ってるわけではありませんからぁ おいしいっすかw?」ですってw
雰囲気?重圧威圧感満点でしたよ 脅迫でうまいだろう!みたいな感じを受けましたね 二度と行きません
高い 高いのにまずい 店の雰囲気最悪 食べた気がしない 量が少ない せかされる 店員の感じ悪い
2012/08/06 02:29 | | edit posted by いおり
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/526-c69c0451
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。