結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
横浜家系ラーメン みなと家 半田店 3
302- 021-1

302- 019-1

302- 024-1
ラーメン 650円(キャベチャー +150円)

家系は家系でも、久々にこちらの横浜家系がいただきたくておじゃましました。
六角家で修行したご主人が作る家系ラーメンは、名古屋地区で主流となっているような
萬来亭さんを代表とするクリーミー家系とは、一線を画す家系ラーメンが味わえます。
今回は初めてキャベチャーをオーダーして、ラーメンと合わせてみました。

スープはややニオイが残っていますが、それもこちらのお店のスープの特徴ですね。
しっかりと骨を炊いているスープという実感が湧くスープです。
鶏油も効いて口当たりはまろやかですが、比較的醤油ダレがシャープに効いていて、
まろやかながらもしっかりした味の、濃い目な硬派な仕上がりの家系スープです。

キャベチャーもしっかりと味付けられたもので、投入すれば胡麻油の風味がスープに伝わります。
キャベツの火の通し加減は絶妙で、シャキッとパリッとした食感が楽しめますし、
キャベチャーの「チャー」はパッと見少なく見えるんですが、
スープに溶かせば、レンゲにチャーシューの切れ端が結構掛かってきてコクを増してくれます。
これで150円は安いですね!値段以上の満足感を得られました。

麺は直系の横浜家系ラーメン店でしか卸していないという、酒井製麺さんの麺です。
この辺りで酒井製麺さんの麺が食べられるというのも貴重ですね。
個人的には特に茹で加減を指定しない“ふつう”の固さが、モチッとした食感で好きですね。
海苔・ほうれん草は勿論家系には欠かせないアイテムです。増量しなくてもしっかりいただけます。
トッピングのチャーシューも味が濃いので、ご飯は勿論、単品でビールのお供にも合いそうです。

特に新しいものに目を向ける訳ではなく、自信のあるラーメンの味をひたすら極めるそんな、
職人気質なみなと家さんの姿勢は、つい限定物に気を奪われてしまう自分の心を戒めてくれます。
あまり知られてはいませんが、朝10時からの営業でしかも通し営業されてるのも素晴らしいですね。
時間を選ばず、いつ来ても同じ1杯が味わえる安心感がみなと家さんの最大の魅力です。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

302- 018-1
横浜家系ラーメン みなと家 半田店
愛知県半田市東郷町2丁目50-1
10:00~21:00(L.O.20:45)
水曜・第三火曜休み
TEL:0569-89-8875
みなと家公式HP http://www.ramen-minatoya.com/

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[みなと家
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/568-ebf827b1
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。