結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 あっ晴れ つけめん堂(東浦町)11
303- 001-1

303- 004-1
濃厚焼干しつけ麺 790円(4ばか+200円)

久しぶりに浅草開化楼の麺で、つけ麺を思いっきり食べたい気分になったので、
東浦のあっ晴れつけめん堂さんにおじゃましました。レギュラーは1年以上ぶりです。
今回は基本に戻って、お店イチオシの「焼干しつけ麺」を4ばか(麺400g)でいただきました。
ちなみに2種類選べる麺は、「傾奇者(かぶきもの)」のほうをチョイスしました。

石鍋で煮えたぎったつけ汁と、ツヤツヤの麺が運ばれてきました。
とりあえず食べたかった浅草開化楼さんの麺を、何も付けずにツルっと一口。やっぱ旨いです。
もうひとつの麺「モチモチ感」の「ふへん者(ふべんもの)」に対して、
「小麦の香りが強い」のがウリの「傾奇者」ですが、偽り無く本当に香りが強いです。
噛めば噛むほど、小麦の持つ香りと甘みが口の中に広がります。
つけ麺の麺では個人的には、この麺が一番理想に近いと言ってもいいぐらいの麺です。

焼干しつけ麺とは、すなわち「アゴ(トビウオ)」を使用したつけ麺なんですが、
同じくつけめん堂さんでレギュラー提供されている「伊勢海老つけ麺」ほどのインパクトはなく、
濃厚ながらもどちらかというと食べやすい印象のつけ汁です。
ベジポタだった初期のつけ汁ほどではないですが、ほんのり甘みもありますね。
十分一般レベルのつけ汁としては、濃厚な部類に入ると思うんですが、
麺のポテンシャルが高いので、どうしても要求するレベルが上がってしまうんですよね。
今回の個人的な印象としては、もうワンランク「濃さ」があればより嬉しいかな。
要求される旨味が必然的に高くなってしまうのは、この麺を扱う宿命ですかね(^^;)

具材もゴロチャーシューや、穂先メンマなどつけ汁の中に入っていますが、
とにかくつけ麺の基本、麺を美味しくいただければそれでいいなと思えるつけ麺でしたね。
いつも以上にどっぷりと麺を潜らせることが、今回は美味しくいただくポイントだったかな。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

192- 004-1
麺屋 あっ晴れ つけめん堂
知多郡東浦町緒川字三角35-1
平日:11:00~15:00 17:00~23:00
土日祝:11:00~23:00
木曜定休
TEL:0562-84-1555
あっ晴れ公式ホームページ

店主さんブログ「あっ晴れ夢に向かって」

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[あっ晴れつけめん堂
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/573-d37f2788
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。