結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
豚そば ぎんや(名古屋市北区)3
317- 006-1

317- 009-1

317- 012-1
豚そば 700円

お気付きかもしれませんが、ここの所名古屋市内のメジャー店を食べ直してまわっています。
という訳で、こちらも久しぶりにおじゃましてみました。黒川のぎんやさん1号店です。
名古屋の濃厚魚介豚骨のハシリとして、もう久しいですよね。気がつけば何店舗でしたっけ。
ぎんやさんと言えば、濃厚豚骨醤油の「豚そば」 国産丸鶏&魚介の「汐そば」、
晴レル屋さんと並んでこの辺のつけ麺の元祖「つけそば」、さらにはガッツリ系の「まぜ郎」など
どれ食べても外さないのは分かってるので迷いましたが、超久しぶりに「豚そば」いただきました。

今では珍しくない濃厚魚介豚骨醤油ですが、初めて食べた時は衝撃でした。
月日が経てば多少は色褪せてしまうものですが、「豚そば」はそんなことないですね。
今食べても非常に完成度の高さを感じます。これをブームの前から完成していたというのは、
改めて驚きです。濃厚な印象がありながら、節の強い風味で後味の良さが引き出されています。
味は濃くても、粘度の軽さと風味の良さで食べやすく、どんどん箸が進みます。流石ですね。

今となっては濃厚魚介豚骨なら太麺を合わせるのが一般的ですが、こちらは昔から細麺です。
多分少なからず太麺での要望もあったでしょうが、頑なに細麺にこだわってきたようです。
この細麺がいいんですよ。確実に食べやすいですし、広い層に支持されるのが分かります。
歯切れの良さと、プチっとした食感は博多豚骨の良麺を連想させます。良い麺ですね。
チャーシューも昔から定評がありますよね。肉の旨味たっぷりのチャーシューです。
それから穂先メンマもこの辺りじゃ先駆けですよね。柔らかい食感は丸いスープによく合います。

さすがにかつてのようなスゴイ行列はないですが、次々とお客さんが訪れる人気ぶりは健在です。
一時期バタバタしてたという噂は耳にしてましたが、雰囲気は活気のある昔の感じに戻ってました。
これからも是非、名古屋のラーメン界をまだまだ引っ張ってってほしいなと思います。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

317- 018-1
豚そば ぎんや
愛知県名古屋市北区金城町2-57-1
11:00~14:00(L.O)18:30~21:30(L.O)
月曜定休
TEL:052-991-1061

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[豚そばぎんや
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/602-6fed42ee
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。