結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 はなび 緑店(名古屋市緑区)
325- 006-1

325- 010-1

325- 018-1
鶏塩ラーメン 800円

2013年1発目は、まだ伺ってなかった昨年末の新店からです。
昨年11月OPENの、麺屋はなび緑店さんにおじゃましました。
高畑、蟹江、桑名、弥富と数えてはなびさんの5店舗目、名古屋市内では2店舗目ですね。
この日もさすがに本店ほどの並びではないですが、なかなかの盛況ぶりでした。
それもそのはず。こちら緑店でも、高畑本店で提供されるものと同じものがいただけます。

汁ありは、ごまかしの効かない勝負の「塩」、「醤油」に「台湾ラーメン」もありますし、
はなびさんの代名詞ともなった「元祖台湾まぜそば」にアレンジの「カレー台湾まぜそば」、
ゴロゴロ炙りチャーシューが人気の「キミスタ」に「トロ肉のせ和え麺」ももちろん健在です。
更には緑店限定の「鶏塩ラーメン」&「鶏塩油そば」と来れば、何を食べようか迷います。
まぁ今回は緑店初回なので、こちらでしか食べれない物を。「鶏塩ラーメン」をいただきました。

綺麗な琥珀色のスープです。柔らかい口当たりのスープですね。油も少なめです。
じわじわと加速度的に盛り上がる印象とは違うんですが、スーッと喉を通り抜けるような、
魚介と鶏の柔らかい旨味があります。支店とは言えども、流石のハイクオリティですね。

合わせる麺は極細まではいかない細麺です。強過ぎず弱過ぎずの食感で、麺肌はなめらか。
丸みのあるスープと共に、スルスルと落ちていきます。
そしてこちらのラーメンのメインとも言うべき、鶏チャーシューも期待を裏切らない出来ですね。
ブランド鶏「奥美濃古地鶏」を使用していて、表面が軽く炙ってあります。
炙りといっても、もちろんスープに風味が移るような炙りではなく、
ほんの少しの香ばしさと、たっぷりの鶏の甘みを引き出してくれる「炙り」です。
弾力のある食感、そこから弾ける旨味は、さすがのブランド地鶏&名店の仕事ぶりですね。

はなびさんは、絶大な人気の「台湾まぜそば」のイメージがかなり定着していて、
世間の人気も、そこ目当てが1番強いのは確かではあるんですが、
この「鶏塩ラーメン」、店舗限定の力を入れているラーメンだけあります。侮る無かれですよ。
正直、5店舗目の支店ということで割り引いて考えていたんですが、いやいや失礼しました。
この「鶏塩」なら、名古屋市内でオススメ出来る塩ラーメンのひとつに個人的には入ります。
これはまた来ないと。美味しかったです。ごちそうさまでした。

325- 002-1

麺屋 はなび 緑店
愛知県名古屋市緑区鳴海町丸内17
11:30~14:00 18:00~22:00(L.O.10分前)
月曜日・第2火曜日休み
TEL:052-624-2002
麺屋はなび 公式サイト http://menya-hanabi.com/
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/n-allstars81/

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:3   trackback:0
[はなび(緑)
comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/06/07 21:34 | | edit posted by
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/06/07 12:26 | | edit posted by
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/27 18:03 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/606-ad10c1e1
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。