結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
らーめん専門店 拉ノ刻(名古屋市中村区)
321- 016-1

321- 024-1

321- 027-1
松(塩) 700円

こちらも今まで縁が無かったお店で初紹介になります。中村区の拉ノ刻さんにおじゃましました。
「好来系」の異端児と呼ばれてからもう久しいですよね。
現在では岐阜にも店舗を構えるなど、私が語るまでも無く中堅以上のキャリア店です。
醤油味一本の「好来系」にありながら、塩味と味噌味をレギュラー提供されてきたのが、
ここ拉ノ刻さんで、それだけではないですが、その一端がいわゆる異端児たる所以でもあり、
拉ノ刻さんのアイデンティティでもあるわけですね。
たまに伺うと色々目移りする限定メニューもあるんですが、
やはりいただきたいのは、その所以たる「塩」です。好来系標準の「松」でいただきました。

今更ここで説明する必要もないと思いますが、「好来系」と言えば、
豊富な根菜類・タマネギを使った、じんわり染み入る旨さの薬膳系スープが特徴です。
それは拉ノ刻さんでも、根底の部分はしっかりと受け継がれているんですが、
ある意味受け継がれている部分と、加えられた新しい要素が、
それぞれよく分かるのが、この「塩」味ということになりますかね。
スープをいただけば、大量に使われているタマネギなどの甘みと、
鶏からの味が強く出ていて、より甘みのある旨味が際立っている印象です。
優しい甘みのあるスープに心がホッとしますね。

合わせる麺は、こちらも伝統を継ぐ太麺ストレートスタイルです。
本家筋よりはやや固めに仕上げてありますね。しっかりとした食感のある麺でした。
チャーシューも伝統のまんまるロールスタイルです。
余分な味のしないチャーシューは、よりスープと麺を引き立ててくれますね。
メンマはコリコリと存在感のある歯応えです。一見バランスを損なう食感が実は非常に合うんです。

最後は恒例の高麗人参酢を入れての完飲完食です。
やはり基本がしっかりしてるからこその応用で、そこで初めて応用が活きるということですね。
「塩」を改めていただいて、改めて体感した次第です。
変化したものも定着すればスタンダード(定番)になります。もうすでにこれは「定番」ですね。
拉ノ刻さんの定番「松の塩」堪能しました。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

321- 013-1

らーめん専門店 拉ノ刻(らのこく)
愛知県名古屋市中村区上ノ宮町2-30-1 リエス上ノ宮1F
11:30~14:30 18:00~0:00 (L.O.15分前)
日曜定休
TEL:052-471-7686
公式ブログ http://ranokoku.blog115.fc2.com/

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市中村区
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/617-f6c2383e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。