結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 四十(名古屋市天白区)2
324- 004-1

324- 007-1

324- 009-1
塩つけ麺 700円

天白区島田の麺屋四十さんにおじゃましました。超久々2回目の訪問です。
刈谷の晴れやかさんの店長だった店主さんが独立されて、もう2年以上も経つんですね。
自分の中ではまだ新店のイメージなんですが(^^;)早いものです。
唯一の訪問が「パワーオブラーメン」というサブメニューだったので、
次回こそはメインメニューをいただこうと思いながらも、2年ぐらい経っていました(笑)
今回やっと2年越しで店主オススメの塩系メニュー「塩つけ麺」をいただきました。

出てきたつけ汁にまず目を引くのは色ですね。クリーミーというかクリーム色してます。
まず塩味のつけ麺自体、難易度が高いと言われていて、それほどやってるお店が少ないんですが、
それでも大体の「塩つけ麺」はクリアな清湯系が多いですよね。胡麻が散らしてあるような。
そういう意味では、ちょっと珍しいタイプのつけ汁です。
カエシの塩ダレはやや強めで、やはり醤油よりはシャープなタレの印象を受けます。
スープは動物+魚介のWですが、鶏系のまったりした動物味が先行しているイメージです。
魚介はそれほど出ている訳ではなく、酸味辛味もないので、割とコク1本の直球的なつけ汁ですね。
インパクトは強くはないですが、麺を食べさせる力はありました。

合わせる麺は、出身グループ共通の林さんの麺ですね。
逆に言うとこの麺にどれだけ合うスープを作れるかということですね。ゆで加減は固めでした。
チャーシューは、サイコロサイズのものがつけ汁内にゴロゴロと入っています。
粗みじんのタマネギと小口のネギがシャリシャリと、良いアクセントになっていました。

難しい「塩つけ麺」をオススメと言われるだけあって、あまり食べたことのないような、
オリジナリティを感じました。塩なら更に魚介が効いたほうが好みですが、
塩味の動物系のコクで食べさせるつけ麺として、これはこれでアリだと思います。
次は塩ラーメンか、鶏白湯か、またいつかおじゃまします。ごちそうさまでした。

324- 001-1

麺屋 四十 (めんや しん)
愛知県名古屋市天白区島田1-1111
11:00~14:00 18:00~22:00
不定休
TEL:052-893-8993
公式サイト http://www.menyashin.com/

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[名古屋市天白区
comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/06/07 12:33 | | edit posted by
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/06/07 12:33 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/621-9b3bb4ac
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。