結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
【牛タン専門店】仙台牛たん よだかの星(東海市)
333- 009-1

333- 011-1
仙台牛たん定食(ミックス1.5人前) 1470円

今年初かな。ラーメンじゃない記事です。興味深いお店に伺ったので、紹介します。
東海市に今年1月末にオープンした、この辺では珍しい牛タンの専門店
「よだかの星」さんに妻とおじゃましました。
きっかけは地元ケーブルTV、知多メディアス制作のグルメ情報番組「ナビって店ちゃう」で、
レポーターの宮坂木実さんが、とても美味しそうに食べてたのが気になって(笑)

「よだかの星」のネーミングは宮沢賢治の同名小説からですよね。東北つながりということかな。
女性でも入りやすいお店を目指したそうで、まるでカフェのようなスタイリッシュな店内ですね。
焼き場もガラス越しに覗くことが出来ます。臨場感はバッチリ、煙は全然来ない、
それでいてニオイがつかない程度の食欲をそそられる香りが漂っています。
牛タン入門編としては、カンペキなシチュエーションですね。
そのメインの牛たん定食は、塩味と味噌味の2種類が選べますが、
さらに両方楽しめるミックスという設定があったのでそちらでいただきました。

麦飯にテールスープ、白菜漬も付くのは本場仙台の牛タン定食と同じですね。
更に水菜のサラダがつくのも女子ポイントは高そうです。

まずは塩味をいただきます。塩は古くからの伝統製法で作られる、
フランスブルターニュ産ゲランドの塩ということで、塩自体が旨味の強い塩のようです。
塩は直前に振るのではなく、塩味をつけて寝かせるのが仙台牛たんの手法ですね。
噛めば程よい塩味と共に、肉の旨味がギュッとあふれ出します。
分厚く切られた牛たんは、焼肉屋のタン塩とはまた違う独特の弾力がありますね。
弾力はあっても柔らかみもありますし、内臓系のような癖も全然ありません。
食べやすいですし、これはクセになりそうな味わいですね。

一方味噌味は、仙台味噌を使用しているので甘口ですね。
酵素の効果かこちらの方が若干柔らかく感じました。
そんなに味噌味噌している訳ではないので、こちらも肉本来の味が楽しめました。

333- 019-1

プラス150円でコーヒーとアイスのセットが付けれるので、追加でいただきました。
アイスはマロンのアイスと柚子シャーベットのセットです。
濃いーアイスとさっぱりシャーベットの欲張りなセットとなっています。
肉を食べた後のデザートにもピッタリですね。散らされたピスタチオがオシャレです。

ちなみにこちらは1.5人前で、1人前ならどの味も1050円とリーズナブルなお値段でいただけます。
コスパ的にも雰囲気も、勿論味のほうも十分な満足感がありました。
牛タンを使ったカレーも気になりますし、夜は燻製料理もいただけるそうなので、
また別の機会におじゃましたいと思います。
この辺りでは珍しい牛タン専門店、しかもスタイリッシュ。オススメです。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

333- 024-1

仙台牛たん よだかの星
愛知県東海市加木屋町腹太57-1
11:00~14:30(L.O.)
日~水 17:30~23:00(L.O. 22:30)
金・土 17:30~24:00(L.O. 23:30)
木曜定休
TEL:0562-33-3331
公式サイト http://yodakanohoshi.jp/index.html

P.S 余談ですが、この店を紹介して下さったナビ店の木実さん、
今月の出演が最後だそうで…お疲れ様でした!
気持ちの良い豪快な食べっぷり好きでしたよ♪元気な赤ちゃんを産んでくださいね(^。^)v

よだかの星牛タン / 高横須賀駅太田川駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/624-929a2518
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。