結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺の亭 ささき屋(豊橋市)
234- 004-1

234- 007-1
つけ麺 750円

前回、いまだいさんOi!ラーメンさんとご一緒した時に
“ある方”にもお会いしたいなと言ってたことが、今回実現の運びとなりました。
「ソラトブ ドンブリ in 愛知」しょーろんぽーさんです。
お互いブログも3年目になりネット上の付き合いも長いんですが、意外にも今回が初対面でした。
行き先は豊橋!豊橋自体久しぶりですね。
いまだいさんOi!ラーメンさんしょーろんぽーさん、私くまおの
ラーメンをこよなく愛する4人での夜の豊橋遠征スタートです。

まずおじゃましたのは、先日8/16OPENと新店ホヤホヤの「麺の亭ささき屋」さんです。
言わずと知れた大府の名店「晴レル屋」で店長をなさっていた方が、独立されたお店です。
「晴レル屋」といえばラーメンもいいんですが、自分の中ではやっぱり「つけ麺」ですね!
シンプルにノーマルでいただきました。隣(いまだいさん)からチャーシュー1枚来ましたが(笑)

分かる人にはニオイやビジュアルで、食べる前でも修行店を連想させる雰囲気がありますね。
チラリと見た隣の隣(Oi!ラーメンさん)の「全部のせ」ビジュアルなんか完全にそうでした。
つけ麺に関しては、まさに「晴レル屋」の質そのものと言ってもいいんじゃないですか。
それも大府の本店「晴レル屋」のディテールですね。
つけ汁は濃すぎない濃度ですが、しっかりと豚骨の旨味が伝わるものです。
それでいて口当たりに重たさはなく、甘酢と節の効いたスッキリした後味を演出してくれます。

合わせる麺は、晴レル屋系列と同じく林製麺さんの麺ですね。
麺も「晴れ系」の特徴を踏襲していて、やや固めの食感です。弾力性のある歯応えが楽しめます。
具材のチャーシューも流石の質の高さですね。肉味が強いのに脂はしつこくないです。
メンマは若干違うかな。本店のゴリゴリ仕様に対して、固さの中に柔らかさの残るメンマですね。
個人的にはこれぐらいの柔らかい部分があるメンマは好きです。粗めのタマネギもいいですね。

豊橋の方にとっては、待ち望んでいた待望の本格的濃厚つけ麺店の誕生ですね!
場所がまた、豊橋でも二川からさらに東へ行ったほぼ静岡との県境に近いところですので、
豊橋の方だけでなく、静岡県湖西市あるいは浜松まで含めても嬉しいお店の誕生だと思います。
オープンおめでとうございます!益々のご発展をお祈りしています。
大変美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

234- 002-1
麺の亭 ささき屋
愛知県豊橋市大脇町字大脇20-42-101
11:30~14:00 18:00~22:00
月曜定休
TEL:0532-41-7715

Posted by くまお
comment:4   trackback:3
[ささき屋
麺の坊 男晴れ(豊橋市)
188- 004-1

188- 008-1
大盛全部入り 1050円(無料トッピング全マシ)

東三河待望の二郎インスパイア系、しかも晴レル屋直系という話題尽くしの新店、
豊橋駅カルミア内に先日1/9にオープンされた、「麺の坊男晴れ」さんへおじゃましました。
隣接するお土産売り場まで骨を炊く良いニオイがしてきて、期待を抱かせてくれます。
ノーマルが麺200g(750円)で、以降「大盛」「てんこ盛り」「宇宙盛り」と
100g毎に50円upの価格設定です。さらに全部入りが250円増しとなっています。
今回は様子見&ご祝儀で、大盛&全部入りで。さらに無料トッピングも
(背脂・タレ・ニンニクに加え、ヤサイ増しも無料)全増しでいただきました。

ヤサイ増しだともやし3袋相当となるビジュアルは、これぞまさに「二郎盛り」ですね。
しかしスープを一口いただけば、その骨太な旨さは看板の「晴レル屋」を彷彿させます。
濃厚な豚骨の旨味が広がる美味しいスープですね。“らしさ”が存分に見えますよ。
タレ味も“カラメ”にした分なかなかの醤油の立ち具合で、
濃厚なスープと大量の野菜では、これぐらいの醤油の強さで丁度良い印象です。
加わる背脂も上質なんでしょうね。脂でもしつこくない品のいい甘みがありますね。
強めに効かせたブラックペッパーの引き締め効果もプラスされ、程良いパンチがありました。

合わさる麺は、噛んだ時の断面図が長方形となるムチムチの太麺です。
「モチモチ」と表現するよりも、さらに強めの弾力がある食べ応えのある麺ですね。
ワイルドでありながらも、どことなくツヤっぽい滑らかな食感もある面白い麺だと思います。
トッピングの中で、やっぱりニヤけてしまうのがチャーシューですね。
この生姜が効いたチャーシューは、晴レル屋系好きな方ならピンと来る味ですよ。
つけ麺の場合ここまで厚手のチャーシューは出てこないので、好きな人には嬉しいですよね。
うずらも豊橋ご当地食材なので、欲しいアイテムですね。3つ入ってたので箸休めに活用です。
メンマは柔らかめのものが結構大量に盛られてましたが、これはまぁどちらでも(^^;)

すでに繁盛店の兆しを見せていて、かなりのウェイティングが出てましたね。
玉のキズではあるんですが、小さいテナントなので待ち人も含めて、
多少の圧迫感を感じてしまった部分はありました。
あとこれも列が出来てしまい仕方ない部分はあるんですが、戸が“あけっぱ”で寒かった…(笑)
まぁまぁそれは置いといてですね、東三河待望の新店登場には間違い無いですよね。
晴レ系初の東三河上陸が、この地区のラーメン界に新しい風を運んでくれることを期待してます。
開店おめでとうございます。美味しかったです。ごちそうさまでした。

188- 009-1
麺の坊 男晴れ
愛知県豊橋市花田長町西宿 豊橋ステーションビル カルミア2階
11:00~21:30(L.O) ※スープ切れ終了
休日はカルミアに準ずる
TEL:0532-55-1678
晴レル屋グループHP http://www.k5.dion.ne.jp/~hareruya/

Posted by くまお
comment:24   trackback:0
[豊橋市
黒田屋(豊橋市)
157- 032

157- 033
ラーメン 610円

豊橋では言わずと知れた有名店、黒田屋さんへおじゃましました。
昨今のラーメン店には珍しい、なかなかなトンコツフレーバーが出迎えてくれました(^^;)
黒田屋さんといえば辛い地獄ラーメンが人気なんですが、
最近家系をよく食べてるのもあって、今回はデフォルトでいただきました。

特にリクエストはしてないんですが、スープはタレ味強め・油多めのストロング仕様ですね。
日によって結構バラツキがあると聞いてたんで、今回はそっち寄りの日だったのかも。
入店時に感じたニオイも、味が強いこともあってかスープにはそれほど感じないです。
スープ濃度的にはイメージよりもずっとライト寄りですが、
カツンと効いた醤油ダレで、中間バランスのラーメンとしてまとまってました。
ただ家系としてイメージするとちょっと違うので、そういう期待は持たないほうがいいかな。

合わせる自家製麺は面白い麺ですね~。プリップリ&モッチモチな食感で
あんまりラーメンの麺っぽくない麺ですね。パスタソースとかでも合いそうです。
ほうれん草はしっかりした食感で、アクセントとしては十分ですね。
チャーシューもこれがチャーシューっぽくないんですよね。味は意外と薄味です。
ほんのり赤みが差していて、しっとりとした食感は厚切りハムのようでもあり、
ソースをかければローストポークのようでもありました。個性的ですが美味しい焼豚です。

美味しかったんですが、やっぱり黒田屋さんは地獄ラーメンなのかなぁ。
白髪ネギが乗ってるのが美味しそうだったので、
次はネギありで初級か中級の“地獄”にします。ごちそうさまでした。

157- 031
黒田屋
豊橋市柳生町1-1
11:00~21:00
年中無休
TEL:0532-46-2946

Posted by くまお
comment:6   trackback:0
[豊橋市
満天星 -DODAN-(豊橋市)

中華そば 700円

豊橋行脚の最後は、満天星-DODAN-さんへおじゃましました。
あっさり中華そばがウリの、スタイリッシュな女性受け間違いないステキなお店です。
しかし、ホント豊橋はあっさり系の名店揃いですね。
「豊橋淡麗系」というジャンルを作ってもいいんじゃないかと思うぐらいです^^;
さて、塩やワンタンの評判が高いのは聞いてたんでここでも何を食べようか迷ったんですが、
やっぱり筆頭メニューの醤油味「中華そば」をいただきました。
ちなみにランチタイムは大盛も無料で、お得なランチセットもありました。

ここの中華そばもかなりカツオの香りが強いですね!
さながらうどんのつゆのような節の風味がストレートに広がります。
動物系スープは、地鶏の三河赤鳥をまるごと使用したという丸鶏スープで
甘みさえも感じる、じんわりかつしっかりした鶏の旨味も堪能できます。
味の組み立てとしては、丸いというよりはそれぞれがしっかりと効いた
キレのあるクリアな味わいの正統派中華そばですね。

クリア加減はスープだけじゃなくて、麺にも現れていて全体的に透明感があります。
透き通ったスープに透き通った麺の組み合わせは、なんとも美しくて、
キラキラ光る油の粒が、屋号どおり満天の星空をイメージできるような気もします。

具材もそれぞれ光るものがありました。柔らかくも旨味たっぷりのチャーシュー、
風味のいい海苔、コリコリのメンマ、シャキシャキのほうれん草、言うことありません。
本当に豊橋の淡麗系はレベル高いです。洗練された、完成度の高い一杯ですね。
塩も食べたいし、つけ麺や、油そばもあったのでそちらも次回以降にぜひ!
美味しかったです!またおじゃまします。ごちそうさまでした。


PICT0017-94.jpg
満天星 -DODAN-
豊橋市神野新田町中道東246-1
11:30~14:00 18:00~23:00 (売切れ次第終了)
火曜・第2月曜定休
TEL:0533-83-6538

Posted by くまお
comment:1   trackback:0
[豊橋市
麺屋 空(豊橋市)
PICT0015-94.jpg
真白(まさら) 900円

豊橋行脚続いては、麺屋空さんにおじゃましました。
国道1号線の一本裏にひっそりと佇む、隠れ家的なお店ですね。
こちらも無化調・無添加の身体に優しい淡麗系のラーメン店です。
正統派の中華そばも気になりましたが、今回は変化球のこちらを。
1年ほど前にらーナビ限定で提供され、レギュラー昇格した「真白」をいただきました。

牛乳・生クリームなど乳製品が使われているというスープはまさしく「真っ白」。
素のスープの部分を一口いただくと、鶏ベースの出汁の旨味と同時に
しっかりした塩味が効いています。いわゆるクリームパスタ系の組み立てに似てますね。
さらにじっくり味わうと、昆布などの和の出汁をけっこう感じられます。
トッピングの海老やホタテの味わいもスープに溶け出してるかな。

それで、メインの具材ともいうべき鮭のほぐし身なんですけど、
これが意外と個性が強いですね。食べ進めていくとどんどん鮭の味に染まっていきます。
非常に脂の乗った旨味の濃い鮭を使用されてるので、
食べれば食べるほど味が凝縮されていくイメージでしょうか。
個人的な感想としては、旨味は申し分ないんですけど、
それと同時に塩分も強めになることと鮭の脂分の重さやニオイが、後半どうかなって所です。
回転寿司に「焼きトロサーモン」ってあるじゃないですか。
脂の感じがちょっと似てるなぁと思ってしまいました。
アレが好きなら、きっと満足だと思いますよ^^;

サラダ仕立てのトッピングは、水菜や玉ねぎ・カイワレのシャキシャキ感や
プチトマトのフレッシュ感が、口の中をさっぱりさせてくれますし、
海老やホタテもプリプリして美味しかったです。
麺も若干柔らかめながらもエッジの効いた麺で、優しい麺でした。

雪の銀世界をイメージできる、まさに冬にぴったりのラーメンですね。
女性にもオススメしたい一杯です。美味しかったです。ごちそうさまでした。

PICT0009-94.jpg
麺屋 空
豊橋市下地町字野箱93
11:30~14:00 18:00~23:00 (売切れ次第終了)
月曜定休
TEL:080-4218-6277


Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[豊橋市
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。