結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
つけめん舎 一輝 Anjo(安城市)
岡崎の大人気つけめん店「つけめん舎 一輝」さんの待望の2号店が、
安城市は県道48号沿いに、本日めでたくグランドOPENを迎えました!
丁度スケジュールが合ったので、昼のオープンに合わせておじゃまして参りました。

開店20分前には着いたんですが、平日昼・天候関わらずそこには長蛇の列が!流石ですね。
たまたま列の最後尾には今井醸造いまだいさんと、リアル面識は無かったんですが、
SNSで交流のある、豊川のラーメンフリークな幟旗屋さん竹本染色巧さんと、
並びが一緒になったので、3人で合計5杯を注文し、それぞれをシェアさせていただきました。
以降簡単な感想です。

339- 027-1

339- 031-1
つけめん元味 780円

一輝Anjoオリジナルはこちらの麺、関東の某製麺所特注の「99.99(フォーナイン)Tokyo」です。
この辺りに無いニュアンスを目指したというこの麺、大将のこだわりが表れてますね。
ハードな食感ながらも、つけ麺にしては若干細く、しなやかに口の中に解れていきました。
元味のつけ汁も進化してます!まろやかで密度が濃くなって、絡みも更に良くなっていますね。

339- 036-1
黒台湾まぜそば/白台湾まぜそば 850円

黒は武豊産「たまり醤油」の「黒」、白は碧南産「白醤油」の「白」で共にNO生ニンニクです。
台湾ミンチはしっかり辛味と風味があって、生ニンニクなんぞ無くとも十分なパンチがあります。
コクの強いパンチ重視の「黒」に対して、マイルドな白醤油の「白」、お好みでどうぞ。

339- 033-1
Wチャーシューまぜそば(黒) 980円

こちらは辛味の無いまぜそばで、イチオシのWチャーシューバージョンです。
チャーシューは豚と鶏のダブルで、鶏のほうは一口大に刻まれています。
シンプル故に、タレの特徴が台湾より更に際立ちますね。こちらも黒と白お好みで。

339- 039-1
中華そば 750円

カツオ・ムロアジなど、節の風味が効いた醤油味の中華そばです。
醤油のカエシや香味油もしっかり効いていて、ストレートに伝わる旨味があります。
合わせる関東取り寄せの特注細縮れ麺も、スープに負けない存在感がありました。

僕がラーメンブログを始めた頃、既に人気だったお店でもほとんどが単独の個人店でしたが、
今現在では、そのほとんどのお店が複数の店舗を展開されるようになりました。
そしてついに遅れてきた最後の大物、一輝さんの新展開が始まりました。期待したいですね!
開店おめでとうございます!美味しかったです。ごちそうさまでした。

339- 015-1

つけめん舎 一輝 Anjo
愛知県安城市南町17-22
11:30~14:00(土日祝~15:00) 18:00~22:30(L.O.22:00)
月曜定休
TEL:0566-77-0166
つけめん舎一輝 公式ブログ http://ameblo.jp/tukemensha/

いまだいさん、竹本さん、ありがとうございました!またどこかでご一緒しましょう(^0^)/

いまだいさんブログ「いまだいのブログ」 http://ameblo.jp/happy-imai/
竹本さんブログ「豊川市にある幟旗屋の日常」 http://ameblo.jp/someshi1977/


Posted by くまお
comment:4   trackback:0
[安城市
麺の亭 ささき屋(豊橋市)2
338- 003-1

338- 008-1

338- 009-1
ゆずつけ麺 800円

オープン当初以来なので約2年弱ぶりですか。そんなに経つんですね。
2回目の訪問です。豊橋二川のささき屋さんにおじゃましました。
豊橋待望の本格つけ麺が食べれるお店として、オープンしたのが2011年夏で、
以降すっかり豊橋の人気店として、積極的に地域のコラボ企画なんかも参加されています。
久しぶりなので、今回はデフォルトつけ麺の派生メニューゆずつけ麺をいただきました。

基本は変わらないという解釈で良いのかな。濃度出てますね。
非常に濃厚なまったりとした旨味があって、それを晴レル屋系つけ麺の特徴の1つ、
甘酢に+柚子が適度に濃度を抑え、食べやすくしてくれています。
ゆずが加わることで、口当たりのスッキリ感と甘酢にはない風味の爽やかさが加わります。
ちょっとしたことですけど、そこに晴レル屋系の進化を感じる部分がありました。

合わせる麺は馴染みのある太麺です。
ツヤもあるし、麺自体に甘みのある相変わらずの美味しい麺です。
固めではありますが、ガッチガチまではいかないほど良い硬さで、
噛むことによる、風味の拡がりを感じることが出来ました。
それからこちらでは、刻み海苔ではなく白胡麻が中央に散らしてあります。
風味は海苔のほうが強いですが、個人的には胡麻の方が食感が加わるので好きですね。
チャーシューは四角い物がつけ汁の中に結構入ってます。柔らかくジューシーなチャーシューです。
メンマは太いですが、しんなりした食感で見た目よりも食べやすいメンマでした。

オープンして2年近く経ち、ささき屋さんのつけ麺&ラーメンの美味しさも浸透しているようで、
次から次へとお客さんが入ってきます。
オーソドックスに旨い濃厚つけ麺を、久しぶりにいただいたなぁという気がしました。
色々な新メニューもいいけど、シンプルに旨いつけ麺が食べたくなったら、
ささき屋さんに行けば間違いないという、お店でいつまでもあってほしいなと思います。
そのためなら、豊橋まで僕はまた食べに行きます。
美味しかったです!これからも頑張ってくださいね。ごちそうさまでした。

338- 001-1

麺の亭 ささき屋
愛知県豊橋市大脇町字大脇20-42-101
11:30~14:00 18:00~22:00
月曜定休
TEL:0532-41-7715
公式ブログ http://ameblo.jp/mennnoteisasakiya/

Posted by くまお
comment:0   trackback:1
[ささき屋
鶏そば 蒼(名古屋市中村区)
337- 025-1

337- 026-1
濃厚鶏そば 750円

ずっと気になっててやっとですね。中村区大門の鶏そば蒼さんにおじゃましました。
夜営業のみというのが自分にはネックで、後回しにしていたお店ですが、
この春行った大阪のJETさんで、鶏白湯の美味しさに改めて惚れ直してしまい、
名古屋では鶏白湯の評判の良いこちらを食べずして、鶏白湯を語ってはいけないと思い、
おじゃました次第です。もちろん看板の「濃厚鶏そば」をいただきました。

熱いのでお気をつけてと渡された丼は、湯気こそはそれ程立ちませんが、器越しに熱が伝わります。
一口いただけば、熱いスープからじわりと来る旨味に思わすニンマリです。美味しいですね!
JETさんでいただいた時に、愛知で未体験の鶏白湯と書きましたが、
ここにありましたね。ハイレベルな鶏白湯スープが!
ルックス通りの濃厚な口当たり、まったりと絡みつくようなスープは鶏の旨味に溢れています。
濃厚なんですが、豚骨のようなドシンと来る重たさがない、
まさに鶏白湯の特徴を強く印象付けるスープです。魚介もさりげなく効いてるのもいいですね。

合わせる麺は中細のストレート麺です。トロミのあるスープの絡みは抜群ですね。
歯切れもよくサクっと食べられます。
あと何と言っても、特筆すべきは鶏チャーシューですね!
真空低温調理の鶏チャーシューって、そういえばあまり食べたことがなかったですが、
この食感は未体験ゾーンの食感でした。なんと表現したらいいのかなぁ。
色こそはしっかり火が通ったような白色な鶏肉ですが、食感は通常の鶏とは全く違いまして、
噛んだ時に半端ないモチッと感があります。マグロの刺身にも似てるけどもっとモチモチですね。
例え悪いですが、ういろうとか団子の食感のほうが近いかも。それだけクチュっとした歯応えです。
鶏白湯スープとはまた違うアプローチから、鶏の旨味をこちらもダイレクトに伝えてくれます。
味はさっぱり、食感は独特、一部に胡椒がついていてピリッと、これは絶品ですね!

大門といえばいわゆる旧赤線、名古屋でも最もディープな街のひとつに構える、
昭和の雰囲気漂う横丁のラーメン屋、お店もL字形カウンター6席のみという小ささ、しかも夜のみ、
こんな所に食材と製法にこだわった、鶏白湯の名店があるというのがまた面白いですね。
名古屋駅からもそれ程遠くない距離なので、是非遠方の方にもお勧めしたい隠れ家的名店です。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

337- 028-1

鶏そば 蒼(そう)
愛知県名古屋市中村区名楽町1-40-2 大門横丁内
18:00~24:00(LO.23:30)
※スープがなくなり次第終了
水曜定休
TEL:090-7313-8138

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市中村区
麺屋 はなび 緑店(名古屋市緑区)2
337- 014-1

337- 015-1

337- 019-1
鶏塩油そば 800円

鳴海のはなび緑店さんにおじゃましました。2回目の訪問です。
高畑ほどの混雑ではないのかなと高を括ったら全然甘かったですね。
昼のオープン時には本店並の行列でした。さすが抜群のネームバリューですよね。
はなびさんと言えば台湾まぜそばですが、今回の狙いは汁なしは汁なしでも違う汁なし、
ここでしか食べられない緑店限定のまぜそば、「鶏塩油そば」をいただきました。

ネーミングは「まぜそば」ではなく「油そば」ということで、
明確な定義はありませんが、イメージ的にジャンク的な要素の強い「まぜそば」に対して、
「油そば」は、関東発祥のあっさりと食べれるタイプの汁なしラーメンで、やはり別物の印象です。
そもそも「油そば」自体、醤油ダレベースのものがほとんどなので、
塩味の油そばが珍しいですよね。油そば発祥の関東圏でも多分あまり見ないタイプだと思います。

いただいた第一印象としては、和風のオイルパスタっぽい雰囲気を感じました。
胡椒が効いてるとどこかで聞いたんですが、そうでもなかったです。多少の変更はあったのかな。
インパクト系の台湾まぜそばとは真逆の、何の尖りも無い食べやすい油そばです。

主役の麺は、多加水の太麺でかなりのモチモチ感があります。
台湾よりタレが優しいので、必然的に麺の印象がクローズアップされますが美味しいですね。
奥美濃地鶏を使用した、メイン具材の鶏チャーシューはやっぱり旨いですね。
ブランド鶏ならではのプリプリ感とジューシーさに、絶妙な香ばしさと旨味の強さがあります。
コレのおかげで価格が上がってるんでしょうが(^_^;)それでも食べたい絶品の鶏チャーシューです。

台湾ミンチの上澄み油をすくった台湾辣油が、別皿でいただけるので、それを少量加えて完食です。
辣油は意外と強い辛味もないので、バランス的には量を入れても大丈夫そうです。
ただ当然ちょっとオイリーになるので、入れるタイミングと量には注意が必要かもしれないですね。

はなびさんに来たら、周囲のお客さんの台湾まぜそば率をつい確認してしまうんですが(笑)
そりゃ比べたらヤミツキ感とかは、台湾まぜにはかなわないですけど、
緑店に来たらこれをという意味ではアリの、鶏の旨い塩の油そばでした。
はなびさんも今や5店舗あって、各店舗に必ずそこでしか食べられないメニューがありますので、
そこの限定物目当てで、各店巡ってみるのも面白いんじゃないでしょうか。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

325- 002-1

麺屋 はなび 緑店
愛知県名古屋市緑区鳴海町丸内17
11:30~14:00 18:00~22:00(L.O.10分前)
月曜日・第2火曜日休み
TEL:052-624-2002
麺屋はなび 公式サイト http://menya-hanabi.com/
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/n-allstars81/

Posted by くまお
comment:1   trackback:0
[はなび(緑)
博多ラーメン 本丸亭 大府本店 2
337- 006-1

337- 008-1
博多ラーメン 550円

大府の本丸亭さんの本店へおじゃましました。
本場福岡のご出身で、豚骨ラーメンの記事の時はよくコメントをくださる読者のむぎさんが、
本場博多の味に一番近いとおっしゃる豚骨ラーメンのお店です。
それがずっと頭にあって、今回大府の本店の近くを通ったので久々に伺ってみました。
本店は超久々の訪問でしたが、お店の雰囲気は以前と変わらないですね。活気があります!
メニューはノーマル以外にも、味噌とか担々とかアレンジ系も色々あるんですが、
もちろんここは、本場たる所以のノーマル「博多ラーメン」を麺はカタでいただきました。

改めて本場のラーメンをイメージして食べましたが、なるほどこういうのが本場に近いんですね。
血抜きなど丁寧に下処理を行って作られるスープは、決して臭みなどはありません。
一見ビジュアル的には、サラッとした感じに映るんですが、豚骨のコクは見た目以上に強いです。
それでいて後味がスッキリしていて食べやすいんですよね。
口当たりは軽いんですが、簡単に軽いとかライトとか表現し難い深みがあります。
さらにタレが比較的効いているのも特徴ですね。マイルドでありながらも輪郭のあるスープです。

麺は今回「カタ」でいただきましたが、十分な歯切れの良さがありました。
プチっと弾力を持って切れる極細麺は、博多ラーメンの醍醐味でもあります。
チャーシューは厚みこそはないものの、しっかりと食べ応えのあるチャーシューです。

337- 010-1
替玉 100円

普段はサイドメニュー派なので、あんまり替玉しないんですけど、自然と頼んでました(笑)
これは何てったって、スープが熱々ということに尽きます。
この温度が替玉を誘ってくれるというか、予定してなくとも1回はと、
1回替玉したとしても、まだ十分に熱いのでさらにもう一回と、
替玉しなきゃもったいないという気持ちにまでさせてくれるスープです。
いつどこで食べても熱々なのは、ある意味最大の魅力ですね。

久々にいただきましたが、改めて本丸亭豚骨美味しいなって思いました。
「豚骨」=「濃厚」=「こってり」ではないということですね。それが改めてよく分かりました。
機会があれば今度はアレンジ系も食べてみたいですね。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

337- 011-1

博多ラーメン 本丸亭 大府本店
愛知県大府市吉川町1-36
11:00~15:00 17:00~24:00
無休
TEL:0562-44-4351
本丸亭グループ公式サイト http://www.honmarutei.jp/

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[大府市
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。